フロンガスを回収、破壊し、大気中に排出されないようにする法律をご説明しています。
京立商事株式会社お気軽にお問い合わせ下さい Tel:06-6651-1536 E-Mail:mail@e-kyoritsu.co.jp
HOMEフロンガス回収事業紹介会社案内リンクお問い合わせサイトマップ
HOMEフロンガス回収 >フロンガス回収の法律

フロンガス回収の法律

フロンガス回収の法律

フロン排出抑制法

法律の概要

オゾン層の保護および地球温暖化防止のために、オゾン層を破壊するフロン類(CFC、HCFC、HFC)は、1988年に制定されたオゾン層保護法により段階的に生産を廃止し、代替フロンへの転換が進められています。

また、過去に生産された冷凍・空調機器の中に冷媒として含まれているフロンガスについても、これらの機器が廃棄処分される際にフロンガスが大気中に排出されないよう回収し、適切に処理することが必要です。

2002年4月、特定製品が廃棄される際に、フロン類の回収を義務付けたフロン回収破壊法が施行されました。これは、フロンガスの回収および破壊の実施を確保するための措置等を講じることを目的とし、これにより何人もみだりに特定製品からフロン類を大気中に放出することが禁止され、フロンガスの回収および破壊の促進等に関する指針と事業者の責任等が明確にされるようになりました。
 また、2015年4月から施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称:フロン排出抑制法)によって、フロンの製造から廃棄までの各段階での責任の明確化と、限りある資源としてのフロンの再生(資源化)が定義されました。

対象となる特定製品

・第一種特定製品

業務用の冷凍空調機械や、冷蔵機器、冷凍機器、自動販売機など
(家庭用に製造された冷蔵庫およびエアコンは家電リサイクル法の対象となります)

・第二種特定製品

自動車に搭載されているエアコンディショナー

フロンガス回収
PAGE OF TOP